プロとアマチュアの違い

 

プロは人間的な成長を求め、アマチュアは今の環境に甘え現状維持

プロは肯定的で粘り強く責任感が高い、アマチュアは否定的で諦め易く責任感が低い

プロは他人と自分の幸せがリンクし、アマチュアは自分優先で傷つく事や嫌な事を避ける

プロは自己投資を行い、アマチュアは自己研鑽を怠る

プロは自信と誇りを持ち、アマチュアは自信無く愚痴や言い訳が多い

プロは今と未来、先のゴールに向かい、アマチュアは過去と今、目先の欲望に向かう

プロは力を貸してくれる仲間がおり、アマチュアは傷を舐めあい足を引っ張る仲間がいる

プロは経験に頼らず可能性にチャレンジし、アマチュアは自分の狭い経験で判断しチャレンジしない

プロは想いが強く信じ込む事が出来、アマチュアは想いが弱く気まぐれ

プロは出来る方法を考え、アマチュアは出来ない理由を考える

プロは明確な目標や目的を持ち、アマチュアは目標や目的が漠然としている

プロは自分の道を切り開き、アマチュアは人に依存し流される

プロは変化を機会(チャンス)と歓迎し、アマチュアは脅威として恐れる

プロは寛容で視野が広く、アマチュアは狭量で視野が狭い

プロは成果労働に重きをおき、アマチュアは労働時間やプロセスに重きをおく

プロは先を予感し未来を創造する、アマチュアは事が起きてから行動する

プロは専門性と大局観を持ちアマチュアは稚拙な専門性と局所的な近視眼を持つ

プロは論理的に議論し決断速く、アマチュアは感情的に議論し遅々逡巡する

プロはコスト意識高く、アマチュアはコスト意識低く無駄を重ねる

プロはグレーや中間、第3の案を考えるが、アマチュアは白か黒かの二択で考える

プロは公平を主張し、アマチュアは平等を主張する

プロは過ちを認めすぐに軌道修正するが、アマチュアは過ちを認めない


純粋に仕事を楽しみ、お互いを高め合うプロが集まれば、人を管理するマネジメントは必要ない。そこに、自らの仕事と認識せず生活やお金のために働くアマチュアが混じるとポジティブエネルギー作り出せず、他人に促されたり、管理しないと使いものにならないので、マネジメントが必要になり無駄カロリーを消費する。重要なのは人生で何が起こるかと受け身ではなく、プロとして、主役として自らの人生に何を創造するかという事。

「プロサーチジャパンはプロであれ」

 

PAGE TOP